タラバガニの人気通販について

MENU

最も食べごたえのあるカニはタラバガニ!

殻がごつごつしていて固めではありますが、しっかりとした身が詰まっていてもっとも食べごたえがあるカニがタラバガニでもあります。

 

年末年始には日本で大変人気となるカニの一つですが、好みはズワイガニ派、毛ガニ派、タラバガニ派でわかれるのかもしれません。

 

カニ自体の味わい深さやうま味でいうとズワイガニの方が上なのかもしれませんが、

 

カニを食べたぞ!という満足感・満腹感を感じるにはやはりタラバガニです。

 

タラバガニは味噌が少なく食べることが少ないことから、身を食べるにはタラバガニ、味噌を堪能したいのならばズワイガニや毛ガニというのが良いのかもしれませんね。

 

タラバガニは太いものだとびっくりするほどの重みがあり脚一本を食べただけでも大満足できるようなボリュームがあるのでやはり日本の大人気のカニですね!

 

 

 

 

 

タラバガニの特徴と食べ方について

タラバガニはズワイガニなどのカニとは違った味を楽しむことができ、北海道やロシアなどが産地として有名です。タラバガニは他のカニと比較して甘いことが特徴であり、食通にも人気が高いです。
タラバガニは鍋物や焼きガニなど様々な方法で楽しむことができ、北海道を中心に人気が高まっています。最近では冬の風物詩としても有名であり、通販を利用して自宅で手軽に味わう方法としても活用されています。
タラバガニは他のカニと比較して甘めの味であるために、食べ歩きをしている人には注目されています。本格的なタラバガニを味わうには産地直送の通販を利用する方法が便利であり、冷凍した状態で発送されるために本格的な味を自宅で味わうことができ様々な方法で楽しめます。

 

煮て良し、焼いて良し、生でもおいしいかにには、いろいろな種類があります。
そのなかでもタラバガニはよく聞く種類であり、高級なかにですが、好まれて食べる方も多いと思います。

 

このタラバガニというのはヤドカリ上科に分類されており、見た目の特徴はからだが大きく、表面も大きな甲羅に覆われてごつごつとしており、触るととげとげしいのも特徴になります。
足の一つ一つも太いので、そのぶん実がたくさん詰まっており、食べるとタンパクで大味ではありますが、ボリュームを感じて食べ応えがあります。
調理法としては、タラバガニにはズワイガニとは違い、かに味噌はほとんどなく食べる所も少ないので、焼いたりして食べるよりは、鍋にして味を楽しむといいかもしれません。

タラバガニについて

塩茹でにしたり蒸したり焼いたりして美味しいタラバガニ

かつてはロシアから多く輸入されていましたが、現在ではアラスカ産が多くなっているタラバガニは、スーパーマーケットや市場などで見かけるカニの中で一番サイズの大きなものといえばだれでもピンとくることでしょう。
元のサイズは足を広げると1メートルを超えるものもあるくらいですから、お店ではカットされて売られていますが、それでもその存在感は他のカニを完全に圧倒しています。
足には大きな身が入っていて、塩茹でや蒸したり焼いたりして口にするとその食感はプリプリしていて味は濃厚です。
自宅で食べるだけでなく、お世話になった方への贈り物としても大変喜ばれます。お店で販売されているだけではなく、通信販売での流通も増えています。

 

タラバガニの名前の由来

タラバガニは、マダラの良く取れる深海に住んでいるそうで、その名前は、魚のマダラが取れる場所に住んでいるカニ→タラの場所のカニ→「タラバガニ」となったそうです。漁師さんが考えたんですかね、名前の由来は面白いです。

 

タラバガニは大きなカニということでも有名です。の甲羅の幅は25cm位あり、脚を広げると1m50cmにもなります。本当に大きくて迫力満点です!それなのに、実は生物上は小さなヤドカリと同じ種類だなんて驚きです。

 

タラバガニのお味は毛ガニやズワイガニと比べると、大味であっさりしていますが、食感は繊維がしっかりしているので噛みごたえがあります。満足感を味わうなら、やはりタラバガニです。食べるときには、殻が固く少々骨が折れるかもしれませんが、あの美しい太い身にかぶりつく瞬間はたまりませんね。